日頃の感謝を形に

家族

贈り物で気をつける事

敬老の日は、日ごろお世話になているおじいちゃんやおばあちゃんに感謝の意を伝える日です。最近では高齢になってもお元気な方が多くなり、贈り物の内容も以前よりも幅広い物となっています。おじいちゃんやおばあちゃんにとって、大好きなお孫さんからもらうプレゼントは何でも嬉しい物です。しかし、実際にプレゼントを贈る際に気をつけなければならない事があります。1つ目は、食べ物を贈る際の注意点です。食品のギフトは敬老の日のプレゼントとして定番となっています。食品やお菓子、お酒等を贈る際は必ず相手の好みを事前にリサーチすることが大切です。また、特に体調を整えるためにお薬を服用している場合は注意が必要です。以前は食べられた物でも、今は禁止になっている可能性があります。特に血糖値に影響するお菓子類や、アルコール類は注意する必要があります。2つ目は、旅行等の体験型アクティビティを贈る際の注意点です。高齢になってもお元気な方が増え、近年敬老の日において体験型アクティビティのプレゼントに注目が集まっています。普段よりも豪華な宿泊施設に泊まれたり、以前からやってみたかったスポーツ等にチャレンジすることが出来ます。しかし、最近は高齢になっても働いている方も大勢いらっしゃいます。せっかく体験型アクティビティのギフトを頂いたのに、都合がなかなかつかずに参加できないという場合があります。また特に宿泊型のギフトでは、宿泊費自体はギフトに含まれていても、現地までの交通費は自己負担となる事が多いです。従って、結果的に経済的な負担が生まれてしまう可能性があります。敬老の日のプレゼントは様々な内容がありますが、おじいちゃん・おばあちゃんの人柄や生活習慣に合わせて贈る事が何より大切です。

Copyright© 2018 結婚式のマナーを把握しておこう【ゲストに合わせて引出物を選ぶ】 All Rights Reserved.